スポンサーリンク

ベランダ菜園でジャガイモ栽培!おすすめプランターのメリット・デメリット

ジャガイモ プランター 植物

アパートやマンションのベランダ菜園でも、ジャガイモ栽培ができます!でも、どんなプランターを選べばよいか迷いますよね・・・。実は、一般的なプランター以外にポット栽培や袋栽培などでジャガイモを作ることできます。今回は、ベランダでもジャガイモが栽培できるおすすめのプランターを、家庭菜園好きのぐるりが紹介します。


ジャガイモを栽培する際に何を重視するかで、選ぶプランターが変わってきます。

初心者向け:ポット栽培
収穫量重視:PAUL POTATO
機能性重視:Root Pouch、BACSAC
デザイン重視:PAUL POTATO、Root Pouch、BACSAC
コスト重視:袋栽培、プラスチック製プランター
おもしろい:栽培キット

ベランダ菜園でもジャガイモがつくれる?

ジャガイモ プランター

ジャガイモは畑で作るイメージがありますが、十分に深さがあるプランターやポットを使用すれば、ベランダでも作ることが可能です。畑がないからと諦めず、ベランダ菜園でもジャガイモ栽培に挑戦してみましょう。

ジャガイモ栽培に適したプランターのサイズ

ジャガイモは、少なくとも30cm以上の深さが必要です。横幅が30~40cmで1株、80cm程度で2株を目安に植えます。

ベランダ菜園でのジャガイモの栽培方法

ベランダ菜園で、ジャガイモを栽培するおすすめの方法は、大きく3つあります。一般的なプラスチックのプランター以外にも、プランターやポットでの栽培が可能です。それぞれメリットやデメリットがあるので、自分が使いやすいものを選んでください。

  • プランター栽培(プラスチック製プランター、ジャガイモ専用タワー型プランター)
  • ポット栽培(布製ポット、ジオテキスタイルポット など)
  • 袋栽培(麻袋、土のう袋、肥料袋 など)

プランター栽培

一般的なプラスチック製プランターと、ジャガイモ専用タワー型プランターのメリットとデメリットを紹介します。

ジャガイモ プランター

プラスチック製プランター(長方形深めタイプ)

ごく一般的なプランターのことです。深さが30cm以上あればジャガイモを栽培することができます。また、横幅が80cm以上あれば、ジャガイモを2株栽培することができます。プラスチック製は耐久性がないので買い替えが必要ですが、デザインやサイズの幅が豊富で、安価に購入できる商品が多いのも魅力です。排水性が良くないので、スリット(※)の入ったプランターをおすすめします。
※スリットとは、根が良い状態に育つため、プランターの底に切れ込みが入っていることです。

<メリット>

  • コストが安い
  • 軽量で管理しやすい
  • 形や色などバリエーションが豊富
  • 保水力がある

<デメリット>

  • 通気性と排水性が悪い
  • 熱がこもりやすい
  • 根腐れしやすい(水やり注意)
  • 紫外線に弱く色落ちする
  • 経年劣化が著しく、割れる

おすすめのプラスチック製プランター

・しゅうかく菜 800型 (横幅80×深さ40×奥行45cm)
大きめサイズのプランター。サイドスリット構造で、プラスチック製だけど水はけと通気性あり。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

・eco&ecoウインプランタ 55ガタ (横幅55×深さ32×奥行30cm)
リサイクル原料100%使用のエコプランター。コンパクトなタイプでシンプルなデザインが良い。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

・ハンディプランター (横幅60×深さ36×奥行34cm)
移動に便利な取っ手付きプランター。底面給水ができるので、水やりに自信がない人におすすめ。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

・ディーポット 10号 (横幅33.8×深さ33.8×奥行35.1cm)
丸型プランターは1鉢1株の栽培になりますが、管理しやすくおすすめです。スリット溝付きの上げ底構造なので、通気性と排水性あり。

あきばお〜楽天市場支店
¥799 (2022/08/31 22:28時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ジャガイモ専用タワー型プランター PAUL POTATO(ポールポテト)

※こちらの商品は販売が終了になりました
狭いスペースで栽培するために作られた、ジャガイモ専用プランターです。ベランダで本格的にジャガイモを栽培してみたい、収穫量にもこだわりたい、できればオシャレなプランターが欲しい、という人におすすめです。ジャガイモ以外も栽培ができます。

ジャガイモ プランター ポールポテト
〇PAUL POTATO プラスチック

<メリット>

  • おしゃれ
  • 軽量で管理しやすい
  • 1段1段に排水の穴があるため、鉢底石は不要
  • 同じ面積の畑で栽培するのに比べ約10倍収穫できる
  • 日当たりを確保できる
  • コンパクトに片付けができる

<デメリット>

  • 初期費用がかかる
  • スチールタイプはネジとスパナで組み立て式(プラスチックタイプは重ねるだけで簡単)

ポールポテトの詳細
プラスチックタイプとスチールタイプの2タイプがあります
大きさ:幅・奥行3.80cm(プランター本体)
高さ(4段):約70~73cm、 (3段):約50~60cm
PAUL POTATO 3段 (プラスチック):\6,800
PAUL POTATO 4段(プラスチック):\7,800
PAUL POTATO 3段 (スチール):\19,800
PAUL POTATO 4段 (スチール):¥21,800  
※金額は、税込み・送料別

PAUL POTATO(ポールポテト)の詳しい内容は、こちらの記事よりチェックできます。

※こちらの商品は販売が終了になりました

ポールポテトの購入はこちら

/サイトより購入すると、PAUL POTATOプラスチックが40%OFF(2022年10月現在)\

※こちらの商品は販売が終了になりました

ポット栽培

布製の栽培用ポットでジャガイモを栽培する方法です。機能面に非常に優れており、近年ではデザイン性が高いポットも増えてきました。機能性が高く使いやすいので、家庭菜園初心者の人におすすめです。

布製ポット

ジャガイモ プランター ルーツポーチ

不織布などでできた鉢のことです。病気になりにくく、使い勝手が良いのが魅力。プラスチック製プランターより劣化しにくく、デザイン性も良くおすすめです。

<メリット>

  • 病気になりにくい
  • 軽いので管理しやすい
  • 折りたたみ可能で収納が簡単
  • 長持ちする
  • 排水が良いので水やりが簡単
  • 可愛い

<デメリット>

  • 排水が良すぎる
  • 夏の水やり注意(乾き過ぎ)
  • コケがつきやすい商品もある

おすすめの布製ポット(Root Pouch、BACSAC)

・Root Pouch(ルーツポーチ)
通気性と排水性が良い不織布ポット。デザインもシンプルで可愛い。取っ手ありは移動に便利。使い勝手が良く可愛いので家庭菜園初心者におすすめ。環境によりますが5年ほど使用可能です。

Root Pouch(ルーツポーチ)の詳細
HEAVYWEIGHT・THICKEST・THICKの3シリーズは大きなサイズまで展開があります。色やサイズが豊富にあるので、気に入ったものを探してみてください。
色:ブラウン、ネイビー、フォレスト(グリーン)、ブラック、グレー
サイズ:幅15cm~96.5cm (容量:3.8L~378L)
金額:380円~6,800円(税別)
※ルーツポーチのサイズはガロン表記になっているので購入時はサイズに気をつけてください
※一般的な植木鉢などよりも土が多く入ります
公式サイト:Walnut & Co.

・BACSAC(バックサック)
ジオテキスタイル(※)を使用したポット。通気性と耐久性に優れ、クールでおしゃれなデザイン。直射日光で色落ちせず、コケもつきにくく、耐久性抜群なので非常に長く使用できます。他商品と比べると値段が割高ですが、金額の分は十分に優秀です。
※護岸工事用の堤防などに使う強力な合成繊維

バックサック ポットタイプ クラシックシリーズの詳細
ジオテキスタイルを使用することで、植物を地植えで育てるような理想的な栽培環境となります。同じポットタイプでは、ジオテキスタイル以外に6種類のカラー展開(バティライン布)があります。
サイズ:幅15cm~50cm (容量:3L~100L)
金額:3,000円~10,800円(税別)
公式サイト:BACSAC®

¥6,160 (2022/09/02 22:16時点 | Amazon調べ)

袋栽培

ジャガイモ プランター
UnsplashDiego Cattoが撮影した写真

プランターのかわりに、麻袋や土のう袋などの袋を使ってジャガイモを栽培します。低コストで気軽に挑戦できるのが魅力ですが、栽培管理に注意が必要です。

<メリット>

  • コストが安い
  • 準備や処分が楽
  • 設置に場所をとらない
  • 移動が楽
  • 片づけは折りたたんで保管できる

<デメリット>

  • 日光によって土が高温になりやすく、根が傷む可能性がある
  • 紫外線に弱く、敗れやすい
  • ジャガイモや根菜には向いているけれど、葉物野菜には向かない

麻袋

通気性が良く水はけが良いため、根の発根環境に適しています。低コストで、でもデザイン性も求めたいという人におすすめです。耐久性に欠ける場合は、二重にして使ってください。

おすすめの麻袋

・麻袋 厚手 (横約40×縦60cm)
麻袋は耐久性に欠けるため、厚手タイプがおすすめです。

¥1,899 (2022/09/05 22:35時点 | Amazon調べ)

・コーヒー麻袋 (縦約100×70cm)
コーヒー袋も可愛くておすすめです。

¥2,200 (2022/09/05 22:43時点 | Amazon調べ)

土のう袋

ジャガイモ栽培には、15L以上の土嚢袋を使用します。通気性が良く水はけが良いため、根の発根環境に適しています。一般的な土のう袋は、屋外に設置すると1年ほどで破けるものもあり、耐久性に欠けるのがデメリットです。袋を地面に置くと、不安定で倒れやすいので、壁などに沿うように置くか、ブロックなどで固定してください。デザイン性がないので、麻袋で二重にしても良いです。

おすすめの土のう袋

・UVブラック土のう (縦62×横48cm)
紫外線対策のUV剤が添加された土のう袋がおすすめです。耐候性が2~3年ほどあります。

¥1,120 (2022/09/05 23:04時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

・メッシュ栽培袋 (縦約51×横30×幅18cm)
角型の土のう袋なので、倒れにくく使いやすいです。UV剤添加で耐久が5年あります。栽培用に作られているので高さの調整ができ便利です。

ポリエチレン製袋

ジャガイモ プランター

培養土や肥料が入っていたポリエチレン製袋などを使ってジャガイモを育てる方法です。ジャガイモ栽培には20~25Lが使いやすいです。最もコストがかからない栽培方法ですが、水の管理などが大変なので初心者にはおすすめできません。

<栽培ポイント>
・使用する前に、水がたまらないように袋の底に1cmほどの穴を数か所あける。
・水はけが悪いので、根腐れに注意。特に夏場はさらに注意。
・風が吹くと倒れやすいので、壁などに沿うように置くか、ブロックなどで固定が必要。
・見た目が良くないので、麻袋などを重ねると良い。

おすすめのポリエチレン製袋

・そのまんま野菜畑 タキイ
タキイ種苗が袋栽培用に作った培養土です。培養土の袋を使えば、土を袋に入れる手間も、元肥も不要なので楽ちんです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

栽培キット

準備の手間を省きたいなという人におすすめなのが、栽培キットです。じゃがいも栽培専用の培養土、肥料、種いも、栽培方法などがセットになっています。袋栽培は水の管理などが大変なので、初心者にはおすすめし難い点もありますが、「栽培に自信がない」という人には安心感があります。商品によっては種いもが入っておらず別売りの場合もあるので、購入時はご注意ください。

おすすめの栽培キット

・カルビーポテト 袋で育てるじゃがいもの土「ポテトバッグ」
カルビーのポテトチップスに使われている品種のじゃがいもを栽培できます。こちらの商品は、種いも付きです。子どもと一緒に育てたら楽しそう。

おわりに

ベランダでジャガイモ栽培ができるおすすめのプランターを紹介しました。ジャガイモを栽培する際に何を重視するかで、選ぶプランターが変わってきます。

初心者向け:ポット栽培
収穫量重視:PAUL POTATO
機能性重視:Root Pouch、BACSAC
デザイン重視:PAUL POTATO、Root Pouch、BACSAC
コスト重視:袋栽培、プラスチック製プランター
おもしろい:栽培キット

それぞれのメリットとデメリットより、自分に合ったものを選んでみてください。美味しいジャガイモが収穫できますように。

こちらの記事も合わせてどうそ。

コメント